Shoei ヘルメット。 SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

🐲 最新のシールドシステム「Q. 2017年現在のラインナップはシンプルさが光る単色仕様が全5色に加え、テイスティなカラーリングが魅力的なグラフィック仕様全8種が用意され、プレゼント用としてもおすすめです。 風の巻き込みが極限まで抑えられた作りでありながら、カットラインがサイドから後頭部側へ流れるようにデザインされており、スポイラーとしての機能性・機能美を演出している点も大きなセールスポイント。 今回はそんなキッズ用ヘルメットの中から、高品質で高い安全性を持つことで評判の2モデルをご紹介させて頂きたいと思います。

長距離を走るライダー向けに、帽体を最小限に留めたコンパクトな作り、ポリカーボネート製の「QSV-1」を開閉式サンバイザーに採用し、逆光や急な光の乱反射にも強い適応力の高さがウリとなっております。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

🤩 モトクロス用ヘルメットという性質上、シールドがないオープンモデルではありますが、ゴーグルを装着しても視界が広く取れるよう設計されており、スポーツギアらしいスパルタンさが際立っています。 同時にベルトイン方式の「CX-1V シールド」と「Q. 現在の実売価格は4万円台前半から、上位グレードの「NEOTECH IMMINENT(ネオテック イミネント)」が5万円台前半とまだまだ高価ですが、満足度の高さは折り紙付き。 お子様に被らせているヘルメットは、間違いなく装着車の安全を保障してくれる確かな品質のものでしょうか? 非常に遺憾なことですが残念ながらわが国・日本は、モータースポーツの分野においては世界的に見て後進国の部類に入ります。

まずはSHOEIが誇るフルフェイスヘルメットの中から、現在新品として購入できるおすすめモデル4種をピックアップしてご紹介させて頂きたいと思います。 シールド前面下部に設けられた「シールドロック機構」により、超高速域でも密閉性がキープされるため、レーシングヘルメット入門用としてもおすすめです。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

❤️ シールドを装着しないフルオープンタイプのジェットヘルメットで、スリム&コンパクトなシルエットがアメリカンバイクファンに高く評価され、長年安定した人気を維持し続けている定番シリーズと言えます。 SHOEI おすすめオフロード&システムその2・HORNET ADV(ホーネットADV)シリーズ 何よりもタフさが求められるオフロードでの使用を想定し、空力性能とビジュアル性に加え、非常に多機能なモデルとなった「SHOEI HORNET ADVシリーズ」。

17
向かい風を自然な形で後方へと送り流し、オフロードヘルメットの弱点であるバイザーによる抵抗を抑えることに成功しています。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

😙その後は1968年に茨城工場・アメリカ工場を次々と建設し、生産量と流通網を大きく拡げる方向に事業を展開。 。

17
グラフィックパターンが特殊な上位グレードの「HORNET ADV NAVIGATE(ホーネットADVナビゲート)」などは実売価格5万円台とかなり高価ですが、ベーシックモデルは4万円を切る実売価格となり、オンオフ兼用ヘルメットとしては今が買い時と言える状況です。 今回は人気ブランド・SHOEIのヘルメットの中から、タイプ別におすすめヘルメットをピックアップして解説させて頂きます。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

🤛 高い安全性と静粛性でノイズのなさが魅力! SHOEIおすすめヘルメット・フルフェイス編 突然の雨や冬の強烈な寒さ、突風などのアクシデントに対する万全の備えを求められる「フルフェイスヘルメット」。

14
様々な条件化で実験を行うSHOEIクオリティを実現したこのQWESTシリーズは、防曇性能に関しては必要十分以上の高性能ぶりで、あなたのバイクライフを快適に保つスポーツギアとしておすすめです。 このフォルムは単にデザインだけには留まらず、高速域での空力効果にも良い影響を及ぼしており、バイクに乗る時間が長ければ長いほど乗り手の疲労感が軽減されていることが体感でき、ツーリング派のライダーから高く評価されています。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

☏ インナーに装備された防曇加工済みのサンバイザーは、アメリカ・欧州のサングラス規格に適合するほど高いUVカット率を誇り、ワンタッチで操作が行えるものとなっています。 また、ジョイント部からの雨漏りや風の巻き込みなど、従来のシステムヘルメットのウィークポイントも、SHOEIの誇る高い気密性でクリアされ、フルフェイスヘルメットと遜色ないレベルのものと言えます。

6
ファッション性は確かに重要なポイントですが、巷にチープで頼りないヘルメットが氾濫している今だからこそ、確かなものを自分で選べるライダーでありたいものです。 紹介画像はエディ・ローソンモデルですが、他にもウェイン・レイニーモデルなど、レプリカモデルだけでも13種類が販売されており、オーナーの所有欲を存分に満たしてくれること間違いなし。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

☕ さらに従来のZシリーズからの改良として全パーツを徹底的に軽量化し、高剛性との両立化に見事成功しました。

この組み合わせにより、自分の好みに適した調整をいとも簡単に行える点は、SHOEIが積み重ねてきたノウハウの賜物と言えるでしょう。 SHOEI おすすめジェットヘルメットその2・ J・O(ジェイ・オー)シリーズ 「ヤマハ SR」や「カワサキ エストレア」などに代表されるレトロテイストを前面に押し出したマシンや、ビンテージバイクオーナーから絶大な支持を得ている人気モデルがこの「SHOEI J・Oシリーズ」。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

😙 オフロードヘルメットの必須装備であるバイザーも専用設計品で、日除け・泥除けとしての基本性能はもちろん、緻密に計算された通気孔によってエアロダイナミクスを実現。 フルフェイスヘルメットの視界の狭さを克服するため、シェル形状と構造を見直すことで広大なライドビューを実現しました。

6
レーシングポジションを研究し、スポーツライドに貢献するための緻密な計算が盛り込まれたX-Fourteenは、空力性能を極限まで追求したスタビライザー・スポイラーを装着し、極めて完成度の高いレーシングヘルメット。 SHOEI おすすめオフロード&システムその4・TR-3 日本のトライアルレース界において、絶対不動のビッグタイトルとして君臨する名門「全日本選手権トライアル」。

SHOEI(ショウエイ)人気おすすめヘルメット14選!

☯ 実売価格3万円台と、高価なSHOEIフルフェイスとしては控えめな価格帯のシリーズですが、SHOEI自慢のエアロダイナミクスは健在で、風の抵抗による頭部の疲労度が少ないことで多くのストリートレーサーに高く評価されています。 ファイバーグラスと3種類の高剛性を持つ有機繊維とを組み合わせることにより、お子様の安全性と成長性を妨げないキッズ専用ヘルメットを実現しました。 SHOEI おすすめキッズヘルメットその2・SR-J(エスアール・ジェイ) ベーシックなフルオープンフェイス形状を採用し、ジュニア向けのXS・XXSサイズで販売を続けているSHOEIのキッズ用定番ヘルメットが「SHOEI SR-J」です。

また、第一線のレースシーンで支持され続けている高い技術力によって設計されたオフロードモデルは、老若男女を問わず高い信頼性と実績で息の長いセールスを続けています。